NIGHT BIRD

 

飛んできてよその翼に夜風携えて
月の光遮る黒い雲に気を付けて
暗闇の中遠く小さく光る明りに目を凝らし
辿っておいで夜空の道を、軽やかに

 

呼んでいるよこの夜の一番深いところで
沈黙のメロディーに短い君の詩を付けて

 

はかり知れない君の心はかろうとする
頭の悪い人たちをそのクチバシで毒づいて
真昼の王国が眠り落ちる時刻
君はやってきて歌い遊ぶ闇の冷たさを転がして

 

夜の鳥今夜も誰かがどこかの窓辺で君が
来るのを待っている
妙なる時心に残る君の羽音の戯れは
新しい夜明けへの少し危険な道しるべ

 

飛んできてよその翼に夜風携えて
呼んでいるよこの夜の一番深いところで
涙で濡れて消えた蝋燭に命の火をつけて


夜の鳥今夜も誰もが世界の窓辺で君が
来るのを待っている
妙なる時心に残る君の羽音の戯れは
新しい夜明けへの少し危険な道しるべ

※無断転載はご遠慮願います。

​©YutaKuroki ,ALL rights reserved