ELECTRIC BLUES

 

眩い日差しの下、道路の上

揺らめく憧れ立ち止まる憎しみ

曲がり角では小さな女の子が吹いたシャボン玉が車に轢かれた

 

あちらもこちらもお祭り騒ぎ

街の香りを運んでくるのはエレクトリックな風

ねぇ君は今頃どこで何をしてるの?

気になるよとても

 

長い睫の下に浮き出た唇

山あり谷ありの人生に水玉弾けて

流れる髪を辿ればときめきが光る

そこら辺の太陽より眩しい

 

あちらもこちらもお祭り騒ぎ

窓のガラスに映りこんでるのはエレクトリックな夢

ねぇ君は今頃どこで何をしてるの?

会いたいよなんだか

 

日曜日の公園に銃声が一つ

驚いた鳩の群れが一斉に飛び立ち

倒れた男の耳に聞こえるのはお祭りの音

とその時どこかのレストランでテーブルに着いた男が

無言のまま不気味に笑う

 

あちらもこちらもお祭り騒ぎ

街の空から降り注いでるのはエレクトリックな雨

ねぇ君は今頃どこで何をしてるの?

気になるよ

 

あちらもこちらもお祭り騒ぎ

誰もかれもがサディスティックなほどエレクトリックなんだよね

ねぇ僕は今すぐこれから何をしようか

気になるよとても

 

眩い日差しの下、道路の上

揺らめく憧れ立ち止まる憎しみ

曲がり角では小さな女の子が吹いたシャボン玉が車に轢かれた

※無断転載はご遠慮願います。

​©YutaKuroki ,ALL rights reserved