命の輝き
 
風のベッドに揺すられながら
空の青さをしみこませ
白い雲の爆音に
身を任せて消えていく

 

命の輝き
君にも見せてあげたいよ

 

風がひるがえすカーテンの
向こう側は窓の外
アイスコーヒーの氷が音を立てるたび
少女の肌が眩しく光る

 

命の輝き
君にも見せてあげたかったよ

 

午前中の計画が
街の中を駆け抜ける
まだ見ぬ世界が待っている
服を着替えて出かけよう

 

命の輝き
誰にも見せてあげないよ

僕はもう誰のものでもないよ

 

※無断転載はご遠慮願います。

​©YutaKuroki ,ALL rights reserved