そよ風に誘われて

 

柔らかなそよ風が何処からか吹いてくる

それは確かに昔感じた土と草の匂い

夏の日の校庭や出会った人たちの姿

まるで昨日のことのように鮮やかに蘇る

 

嘘のようで本当で当たり前だった毎日も

今は遠く過ぎ去っていってあの青い空の上

 

あぁ今を生きるために 何を失ってきただろう

そんなことすらもう分からなくなってしまったけれど 今日は

 

晴れ渡る空 川沿いの道を自転車で駆けて行こう

もう二度と戻らない遠いあの日々のように

この道をずっと下っていけば君に会えるかもだなんて

考えてみたりするのさ

そよ風を肩に受けて

 

 

過ぎ去りし日の僕は 川の流れを見つめて

人に言えば笑われそうな未来を夢見てた

君には今の僕はどんな風に見えるかな

そんなすぐに笑わっちゃダメだよ意地を張ってもいいなら

 

明日を生きるために何か失ってゆくんだろ

だけど変わらないものだってあるとどこかで信じてるのさ ばかみたいに

 

夕暮れの空 川沿いの道をふと立ち止まってみれば

また明日から繰り返す慌ただしい日々を思う

別の道をきっと選んでいれば君といられたのかななんて

思ってみたりもするけど

秋風は僕をせかす

 

 

晴れ渡る空 川沿いの道を自転車で駆けてみれば

もう一度戻りたい気持ち込み上げたりもするけど、、

 

明日はきっと 雨降りだろうな 少しだけ急ごうか

もう二度と戻れない遠い道のりだとしても

僕の道をきっと躓きながらもずっと走り続けてゆくから

どこかで見ていてね

そよ風に想いを乗せるよ

そよ風を君に返すよ

そよ風よさようなら
 

※無断転載はご遠慮願います。

​©YutaKuroki ,ALL rights reserved