いつものように                   

 

燃える空

冷たい風

今までいろんな人に会ってきたけど

僕はいつだって一人だった

 

終わりなき道

傷ついた足

僕は何としてでも打ち勝たなければならない

冷たいレールの上を走ってくる恐怖に

 

煙が立ち上る朝の街に

打ち立てられたいくつもの旗

その旗と旗の間を

僕は黙って通り抜けるだけ

 

賢い奴

落ちこぼれたやつ

どちらの言葉も耳にしてきたけど

たいして違いはないようだった

 

僕らのすべては

僕らの心

灰色に輝く朝の一歩手前で

僕だけがその真実を知っているような気がする

何故だかわからないが

 

煙が立ち上る朝の街に

打ち立てられたいくつもの旗

その旗と旗の間を

僕は黙って通り抜けるだけ

※無断転載はご遠慮願います。

​©YutaKuroki ,ALL rights reserved