真夜中の流れ者
 

イメージに縛り付けられた無限の可能性が
今夜月の光の誘いを受けて窓の外へ溢れ出す

さまようことにつかれた昔の旅人の幽霊が
僕のドアをそっと叩いて言った「なかにいれてくれないか?」

 

風は音のように流れ黒い葉っぱは揺れていた
昔ながらの新しい歌が聞こえてくるようだ

 

断る理由がどこにある今夜はうんと楽しもう
僕の湿った布団は突如として色鮮やかに輝く

この珍しい客を招き入れる僕は我を忘れる
あなたが耳元でささやいたとき恍惚が
僕の全神経に溶けてゆく

 

風は音のように流れ黒い葉っぱは揺れていた
昔ながらの新しい歌が聞こえてくるようだ

永遠の旅を続けるものよどうかできるだけ長く居てほしい
昔ながらの新しい歌を
僕に歌ってくれないか?

ララララ…

※無断転載はご遠慮願います。

​©YutaKuroki ,ALL rights reserved