光の街

 

あぁそれは悪い夢から目覚めたような

雨粒色の街に朝の光

昨夜の嵐は遠く過ぎ去って

通りは賑やかなざわめきがよみがえるよ

 

あぁ世界は今、画用紙のような白い時の海を

吹き渡る風に帆を上げて静かに漕ぎ出してゆく

 

さぁ出かけよう

どこでも好きなところへ

むずかしいことなんて何も考えなくていい

動き出すこの街の青い空

鮮やかな虹をかけて

君を誘ってるよ

今日は素敵な一日になると

 

あぁ、これは儚い夢かもしれないけれど

何一つ幻じゃない

幻なんかじゃないのさ

 

あぁ未来は今どこか懐かしい遠い日の匂い

涼しげな風に過ぎた日々も

抱きしめ踏み出してゆこう

 

あぁここから

何が始まるだろう

大袈裟な人だねと言って終わらせたりしないで

晴れ渡るこの街の広い空

ゆっくりと雲が流れる

ドアを開けてきっとそこはもう

新しい物語

傷ついた窓辺にも降り注ぐ太陽の輝き

 

さぁ出かけようどこでも好きなところさ

簡単なことだよと言ってしまってもいいかい?

晴れ渡るこの街の青い空

鮮やかな虹をかけて君に歌ってるよ

今日は素敵な一日になると

 

さぁ出かけよう

誰より好きな人もつれて一緒にさ

心はどうにも落ち着かないんだ

果てしないこの街の青い空

鮮やかな虹をかけて

僕らに歌ってるよ

今日は素敵な一日になると

※無断転載はご遠慮願います。